デベー糖 糖質は悪者? 老ける話

糖質制限も初めて4年以上・・・
検診であれ?って 数値に疑問も持たれても
「糖質制限しています」 で 「あ~あ」
と言われてきましたが・・・

LH比が2.0超えていなかったせいもあるけど

最近「再検査命令」 で 「6カ月ごと検査」命令

気になります

体調が良いので 完全「無視」を決め込んでいましたが
「本当に大丈夫?」 と思っている矢先の

糖質制限は老ける

きました グサッと!

心臓の負担があるって・・・

もともと「弱い心臓で」 心拍数50台
大丈夫か? 自分?

って・・・ 

菊芋とか 体にいいこと 一杯やってきて
ケアは万全 と思っていますが 
そこは「気が小さい」(笑) 処のある自分

不安になってFBのグループで聞きまくり (笑)
pc.jpg



それが デベー糖 なんだけど
諸先輩は強気で 少し ほっ💛

よく噛んで
栄養バランス崩さずに
運動してれば


大丈夫!って!

少し安どの 自分です。
スポンサーサイト

「糖質制限で老化?」 は”ウソ!”

「糖質制限で老化?」 は”ウソ!” です。
成功した方は「ピカピカ」 キレイ!になるからです!

上手にやらないと・・・

● エネルギー不足に
最近SNSでも話題になっている
低3症候群 が心配です
これは脂質を上手にエネルギ変換できない体質だそうです
ミネラル・たんぱく質を多くとると改善されるようです

● 脂肪分の取り方が大事であり 難しいです。
オメガ3などの良質な油の摂取が大事でサラダ油などで摂取すると中性脂肪が上がります。
おススメなのはココナッツオイル
私はこれが必須で「頭の働きが良くなります」
記憶力が良くなり、ボケる回数が減っております(笑)

● 脂肪肝や高コレステロール症にしない工夫が大事です。
  <コレステロール値が上がります>

検診に行って血液検査をすると数値が上がっていることがあります。
エネルギー代謝が「ケトン」に変わるまでは当然余分に取らなければ
ならないので仕方が無いかと・・・と思っていましたが 

経年してくると、やはり動脈硬化も心配に 
リンパを流すなどのストレッチをして体の巡りに
気を付けていく必要が出来てきます

バランスがとても大事になってきますが
「老化」はしないと思います

自分でも「検証」に作ってみました。
2014年 制限前の一番体がキツイ頃
2018年 先週の旅行時

tousitu JUN


「元気度がぜんぜん違います」

糖質制限から来たかと思える足の痛みとは付き合い中ですが
(ホルモンバランスが崩れているのか追求中です)

至って行動的です。

ただ食べないとPOWERダウンはすごいです。

運動選手みたいに 「食べると即 エネルギー」になりますが
糖質と違い「長持ちしないため」 チョコチョコと
回数は多く アーモンドとかチョコレートとかをつまんでおります

テレビでいうように ただ 単に「糖質だけ減らす」糖質制限
は確かに危険だともいます!

「何を効率的に食べようかな」? ということを楽しみに変えて 
上手にやっていくことが大切かと思います

上手く書ききれないので 又書きますが 「老化」報道に
モノ申したく 書かせていただきました。

糖質制限のノウハウは当サイトのリンクの
 「自分で出来る」にアップしておりますので
(江部先生流 白澤先生流等参考に 数値とか上げてあります)
ので 良ければご覧ください。

今日のG20の記事を「誤読」・・・

「米抜きパリ協定で結束」【朝日新聞7/9TOP)

・・・ ははは~ こめ抜きって読んじまいました(笑)
どんだけ糖質制限 してるのだかぁ~

我ながら苦笑しました。
gohan.jpg

自分だけじゃなく 世界中が協力して「米 ぬき」・・・?

って トランプのババ抜きならもう参加出来ない歳ですけど

食い意地に関しては・・・ まだまだ 死ぬまでこだわります。


政治を身内のギャンブルみたいに忖度して
なあなあで済ませている場合じゃないですけど・・・

この暑さ ほおっておくと食中毒が怖いです。

ココナッツオイルの効用で脳がスッキリ❤

最近,物忘れが多いと気になっていませんか?
そこで❤ ココナッツオイルです!
coconut00.jpg

最初は糖質制限のエネルギー不足を補うたために始めたMCTオイル生活
(ココナッツオイルをコーヒーに入れて飲みます)
最近は頭をスッキリさせるため「ボケ防止」に役立っています
ボーっとしないのです!

なぜか?
を時間ができたので「検証」してみました。 お読みください♪

アメリカの女医メアリー・T・ニューポートの著書
「アルツハイマー病が劇的に改善した!」では、
「アルツハイマー病は最近、『3型糖尿病』と呼ばれるそうです。

アルツハイマー病の患者の脳ではインスリンの効きが悪くなるからで、そうなると神経細胞はエネルギー源としてグルコースが使えなくなり記憶障害を起こすからだそうです。

脳の主なエネルギーの供給源はグルコース、ブドウ糖です。
しかし、軽度の認知障害または認知症を患っている患者たちにおいて、彼らの脳細胞は、燃料としてブドウ糖が吸収されにくくなります。

この なぜ吸収シづらくなるのかを調べてみました。

認知症患者の脳にブドウ糖が吸収されにくくなる理由として・・・は脳が「大食漢」だからだそうです。

私たちの脳の重さは1,450g程度ですから、これは体重の2%に過ぎません。
この脳が、摂取する全エネルギーの約24%を消費しているわけですから、脳に十分なエネルギーを与えなければ脳の機能は障害され、老化も進んでしまいます。

加齢により食は細くなっていきます。そうすると全体量の食事量が減少し、脳のエネルギー源となるブドウもエネルギー不足します。
この脳のエネルギー不足を補えるのが「ケトン体」、ココナッツオイルや牛乳、母乳などに含まれる天然成分「中鎖脂肪酸」です。

低栄養などで体の中のブドウ糖が足りない場合、脳は肝臓で作られる「ケトン体」を代替エネルギーとして利用します。そして、中鎖脂肪酸はこのケトン体を効率よく作り出しますので、脳をエネルギー不足から守ります。

で・・・毎日コーヒーに入れて飲んでいるココナッツオイルが
「ケトン体」を創り出して 私の頭をスッキリと冴えてくれていることが判明しました~

日々体は老化していきますが せめて意識 脳だけは救ってやりたい・・・
この頃です(笑)

元気にチアー(シード) 糖質制限頑張り中♪

3年目に突入中の糖質制限ですが 一時体重の減りすぎで免疫力ダウン
「帯状疱疹」になってしまい反省・・・ 糖質軽減になっていますが
今朝はチアーヨーグルトとバナナで出勤します~

IMG_0617.jpg

お昼外食だとどうしても食事量が足りない気がして
毎食「定食」 or 「お弁当」 →ご飯半減にしています。

そのせいか体重が少し少し(笑) 増え始めています。
あまり嬉しくはないですが 「元気に動ける」ためには
仕方がないかと。

タンパク質・脂肪 ビタミン類だけでは 

なかなか「満腹」になりません

食べ過ぎだよ! と言われそうですが 「食いしん坊」なんです~(笑)

でも楽しんで スリムに 元気にが目標なので
これでいいのだ! と納得 今は「筋肉」をキチンとつけていくこと
目標にしたく思います。

でも チアシード 良いですね❤
なんか とってもやる気が出ます!

名前取りの成分なんだと思います。

お勧め!!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR