FC2ブログ

貧乏人の品格

ふるさと納税に裏メニューがあるそうです。
電話申し込みの人にだけ「裏技」が披露されたり
週末だけ「サイト」アップされ
告知ツイートがされたりするそうです・・・

小さなころから貧乏でしたが
祖母が良く口癖で言っていた言葉

「汚い貧乏だけはするなよ」 という言葉を思い出し
書き始めております

確かに 高度成長時代に沿って生きてきた自分には
異常な風聞が多い昨今です

日本の中心部で働いておりますが そこの職員が
昼時 カップラーメンにお湯を注ぎに給湯室に訪れる姿を見ると
国民生活の レベルの断片が 見えてくるような気がしてきます


お金のピラミッドの比重が変わり 真ん中が無くなったそうです
1割の所得者に 8割割の労働者が続くそうです

努力や 積み重ねが アイディアや利権に姿を変え
宇宙まで目指す世の中に・・・

納税とい義務まで 上手な利用法が優先されるように
情報離脱者・・・

やるほうも やらせるほうも 気持ちは判ります

すくない「わけまえ」大切に使いたい気持ちも理解します
自分も利用はします

でも 働いた分が正当な「対価」として払われる時代は終ってしまい

そこから せめぎあい ぬきとられ 吸い上げられている理不尽さが許せません


apli_20181102080106e9e.jpg

富を持つ者からの 思いやりも 薄れている気がします

考え直すには・・・ 

作り直すには  もう 遅いのでしょうか?
スポンサーサイト

トランプ氏の受難は星周り?

トランプ氏に支持者は圧倒的に「福音派」
< 敬虔なキリスト信者 集団だそうです>

中絶や同性婚に反対し イスラエルをあがめる集団だそうです。

歴代の大統領で大使館をエルサレムに持っていったのは初めてのことだそうです。

だから政策発表の時に訴えた
「公教育の場から聖書が取り上げられ、最高裁は人工中絶や同性婚を認めた これは神に反することばかりだ」

の演説は 「神の意志」 を尊重する態度で
彼を支持することは「神の国」を取り戻すことだ・・・。

という趣旨だだそうです。


私はどちらかと言うと仏教徒で
神の意志は 理解が出来ませんが
結構 真っ当なことを言っているように思います。

正しい人なのか?

と思ってしまったりしますが・・・

彼の素行が・・・


そうしたときに 占いを見てみると

トランプさんの九星 九紫火星

今年は何年に一度の 「大厄災」 年で・・・

人生最大の 「悪因の人間関係」 に見舞われる年 との事

暴露も摘発も 裏切りも
・・・


すべて其の因縁のせいだったのですか?

「運が悪い」 だけですか?

そうも見えない気がしますけど・・・ (笑)
結構 占い好き かもしれません。

九星に興味あれば こちらをどうぞ

2019年運気を上げるあなたの恵方

2019.jpg




人との縁が悪いのは 「生き方」が悪い気もします。
それでも 国が良くなっていくとしたら・・・

良い大統領なのかも しれません。

おまじないのように「赤い」 ネクタイをしているのは
九紫火星の守り神 「火」の色を使っているようですし。



海のお掃除「漂流プラごみ」回収装置 発走♪

今朝の新聞に オランダのNPOが開発した
「オーシャン・クリーンアップ」 「システム001」が
サンフランシスコから「太平洋のごみベルト」に向けて発走したことが書かれていました。

FBで知って 心が痛んでいた プラごみの海洋汚染・・・
「太平洋のごみベルト」には 日本の4倍に当たる面積にわたり
1兆8千億個もの プラごみが集結しているとのことです。

全長600メートルのパイプに長さ3mのカーテンを付けて
「海のお掃除」してくれるそうです。


003_20180911075147d6d.jpg

回収したプラごみはきちんとリサイクルしてくるそうで
海に流れ出したプラごみを少しづつではありますがかたずけてくれるそうで
「Thanks Care!」 嬉しいことです。

海に流れたプラごみは 「水を汚染」 するだけでなく
魚たちの胃袋に・・・

一旦作成されると「分解」されることが無い プラスティックごみ

ハンバーガーチェーンの「ストロー」も 自然に融解できるものを開発とか
一人一人の努力で 「代えがたい自然」
を 守っていければよいなと思います。

100倍の演算速度「ポスト京」開発成功!

富士通と理化学研究所のコラボで
「ポスト京」完成したそうです♪

従来の「京」の100倍の計算速度で
世界の2大大会でも群を抜いてTOPが獲れるだろうとのこと


久しぶりの・・・

「日本の良さ」

優秀さを見ることが出来そうです。

こういうのを聞くと 日本 がんばれ!!
って応援したくなります💛

アドバンスケアプランニング (ACP)

朝日新聞の記事に アドバンスケアプログラムのことが

今、厚労省は新しく導入したサイト形式にてんてこ舞い・・・ 
ネーミング募集と合ったけど それどころじゃないのかな? (笑)

お盆でもあるので 母の最期に 私がした
アドバンスケアプランニング の話をします。

もって一週間 と言われた病床で
母に聞いた アドバンスケア

半分 冗談めかしてしか 聞けなかったし

正直 聞きずらかった・・・

内容は

死ぬとしたら どうしたい?


自分は「風邪をこじらせて」いるだけと思っている母は
回復して点滴を受けながら 実感はなかったと思われ

「どういうこと?」 と具体例を聞きます

例えば お棺に入るとき 

どの服を着て入りたい?
どのアクセサリーを付けて
何をもっていきたい?



車を飛ばして 「希望」をとりにホームに行きました

好きな組み合わせの 服に
お気に入りの 指輪
迷子にならない 道標

泣きながら 探しました

そして かろうじて一度は回復して
家族と話せた後に・・・

希望の姿で 旅立ちました

butugu_2018081408212787a.jpg


厚労省のアドバンスケアは
もっと 踏み込んだ 

医療の状況であることは知っていますが・・・


本人の望む姿 
のアドバンスケアは 果たせたのかと



最後の朝 



全身をマッサージしてあげて
 
毛穴から 溢れ出てくる
点滴液のむくみが・・・

少し 解消して 
キレイな 体系のまま 
息を引き取りました


きれい好きで 
最後まで紙おむつに抵抗して 
這ってでもトイレに行こうとした
彼女が・・・

体中から染み出す点滴液を 
タオルの代用に 紙おむつで
あちこち あてがわれたまま

どれだけ

心の苦痛があったのかと思うと
不憫でした

彼女の希望の姿で
キレイにいかせてあげられた 

私なりの アドバンスケア

向こうに行けば 

少しは 褒めてもらえるのでしょうか・・・