FC2ブログ

肺炎が死亡原因のトップに! 口腔ケアのおすすめ

厚生労働省の統計によると、日本人の死因順位に異変が起こっているそうです。

1位はがん、2位が心疾患、そして3位が、これまでの脳血管疾患から肺炎になったそうです。

肺炎が三大死因の1つになったのは、感染症対策が遅れていた1951年以来60年ぶりということ。

ここで注目すべき点は肺炎では高齢者ほど死亡率が上がり、死亡者の96%が65歳以上ということです。

高齢者の肺炎の7割以上は、細菌を含む唾液や食物が気管や肺に入ることで起こる誤嚥性肺炎だと言われています。
※ 特に寝たきりや脳血管障害、認知症の患者ほどリスクが高くなります。
これは、嚥下反射(食べ物を飲み込むときに気道が閉じ、食道が開く)や、気道内に異物が入ったときに激しくせき込んで排除する、せき反射が低下して、細菌が気道を通じて肺に入り込みやすくなるためです。

人の口のなかは、通常、37度前後に保たれており、唾液によって潤っていています。
「食後の口腔ケアが十分でない場合」、温度、湿度、栄養の3条件が揃っている口のなかは、まさに細菌が繁殖するには最適なリゾート空間・環境と言えます。

成人の口のなかには300種類の細菌が生息していて、歯に付着した歯垢1mgに1億個以上の細菌がいると言われています。
口腔ケアが十分に行われないと、これらの菌が増大繁殖し口腔内に残り、就寝中に誤嚥性肺炎として気管を通じ肺に侵入する為です。




現在、誤嚥性肺炎から来る死亡原因が、・・・
◆ 介護を必要とする要介護者の場合、肺炎が1位に躍り出ている現状です。
※ 死亡原因の割合は、1位が肺炎で全体の33%、2位は感染症の19%、3位は心不全となっています。

私は一年ほど仕事で介護現場にいたことがあり、そこで目にしたのが 「口腔ケアティッシュ」パルプ状のペーパーで拭き取るものでした。

入院中の歯磨きセット うがいを受け取る容器を用意しておいて・・・

「口腔ケア」 にデンタルリンス が有用と思いますがどうでしょう?


kea.jpg

しばらく口に含んでもらい 吐き出してもらえば 「 殺菌が完璧かと♪ 」


刺激の強いものが多いですが、昨今は弱目のものも出ていますし、何なら水で薄めても時間を余分に口に含んでいれば効果はある程度見込まれると思います。


私自身が毎日 これで口腔ケア 虫歯の進行も 歯槽膿漏も収まっていますので・・・
健常者にもお勧めしています。

毎日の歯磨きや 出先のケアにも便利です。

災害時 洗い場が無く歯磨きも大変そうです。 リュックに一本準備が良いですよ。

ha.jpg


お年寄りの介護だけでなく、手術前の口腔ケアがその後の「肺疾患」への移行を減じるという論説もありますので、ご家族の中に手術予定のある方は、「手術前の口腔ケア」なさるように、アドバイスしてみてはいかがですか?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR